株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

PER.PBR.ESP

株式公開入門Navi » ピックアップ  »  株式.株価  »  株価指標

株価指標

株価指標

 株式投資において判断指標としてよく使われるものを解説します。(上場企業の経営者及び財務担当者として最低限押さえておきたい指標です。)

ESP

 『一株当たり利益』と言う。『Earnings Per Share』の略
 式:税引き後利益÷期末の発行済み株式数

PER

 『株価収益率』と言い株価判定にもっとも利用される指標と言え、資本政策立案の公募価格・売出株数の決定時にも利用される。この株価収益率は、株主の投資額である株価が純利益の何倍であるかを示している。
 『Price Earnings Ratio』の略
 式:株価÷ESP・・・低いほど割安と判断される。

PBR

 『株価純資産倍率』と言い、PERが収益力から判断材料であるのに対しPBRは純資産からの判断材料と言える。この倍率が1倍を切るということは、純資産に対する株式市場での評価が低いことを意味する。
 『Price Book-Value Ratio』の略
 式:株価÷一株当たり純資産(BPS)・・・低いほど割安と判断される。

ROE

 『株主資本利益率』と言い、株主から預かった資本をどれだけ有効に使われているかを示す指標。『Return On Equity』の略
 式:税引き後利益÷株主資本×100 %・・・高いほど資本が有効に使われていると判断される。

ROA

 『総資産利益率』と言い、保有する資産をどれだけ有効活用しているのかを示す指標。『Return On Assets』の略
 式:税引き後利益÷総資産(株主資本+負債)×100 %・・・高いほど総資産が有効に使われていると判断される。(ROEの分母に『負債』が加わったもの)

PCFR

 『株価キャッシュフロー倍率』と言い、同業他社・同業種平均などと比較して判断する相対的な指標。『Price Cash-Flow Ratio』の略
 式:株価÷一株当たりキャッシュフロー※・・・低いほど割安と判断される。
 ※(税引き後利益+減価償却費)÷期末の発行済み株式数

 株式公開を目指す企業ならば上記の指標に該当する、自社数値(公開前は時価関連指標は算出できない)、既公開同業者数値、直近公開企業数値程度は意識する必要があるでしょう。
 数年前、ある会社の株主総会で外国人投資家が「ROEの目標数値を教えてください」と質問したところ社長は「ROE?」と答弁できなかったそうです。

配当利回り

 株の購入代金に対して、年率どのくらいの配当がもらえるかを示す指標。(預金における利息率に似ています)
 式:1株当りの配当÷株価×100 %・・・高いほど、取得価格に対する期待リターンが大きい。

配当性向

 会社が得た利益のうち、どのくらいの割合を配当にまわしているかを示す指標。
 式:年間配当金総額÷税引き後利益×100 %・・・高いほど利益の多くを配当にまわしているということになり、逆に低くければ利益処分に余裕があることを示す。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1597

PER.PBR.ESP

株式上場実務Naviインタ ビュー