株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

M&Aの手順.プロセス.流れ

株式公開入門Navi » ピックアップ  »  M&A  »  M&Aの手順

M&Aの手順

M&Aのプロセス

 M&Aのプロセスは公開会社と非公開会社とでは、株式買付・買収価格算定などで異なる箇所もありますが、一般的にまず買収に関する企業戦略の策定から始め・その後相手探し・初期調査・交渉・基本合意・詳細調査(デューディリジェンス)・再度交渉・売買契約・クロージング・統合と言う多くのステップが必要になります。これを成功させるには数人で実行できるものではなく、かつ余程小規模な買収で無い限り外部専門家の力が必要であり、社内外の多数のメンバーでチームを組んで進めてゆきます。

 M&Aの成功に導くためには『買収に関する企業戦略』おいて、『M&A』を行う目的を明確にし最後までこの目的意識を持ち続け、メリットの無いM&Aに手を出したりや中途半端な妥協をすることなく交渉や作業を進める必要があります。

M&Aフロー

①買収に関する企業戦略の策定
 経営戦略等を策定し、M&Aを行なう目的を明確にする。

②ターゲット企業の選定
 M&A目的に基づき、事業内容・規模等更に業績・成長・強み等を考慮しターゲット企業を選定する。
③初期調査
 ②で選定した企業の財務内容・株主構成・経営体制等の要素を調査し、順位付けを行なう。ただし、対象が公開企業でない場合には財務内容等情報は入手困難。
④ターゲット企業との交渉
 M&Aは双方の合意が必要で、片思いでは成立しません。なお、買収対象経営陣が買収に応じていないにもかかわらず、買収を行なうことを敵対的買収と言います。
⑤基本合意
 内情調査を行い、M&A実行の有無・実行する場合には条件提示を行い、合意できたならば基本合意書を締結する。
⑥デューディリジェンス(詳細調査)
 基本合意の範囲に基づき、デューディリジェンス(詳細調査)を行なう。

⑦ターゲット企業との交渉
 デューディリジェンス(詳細調査)の結果得られた情報に基づき、M&Aの最終判断と買収対象企業への条件提示を行なう。
⑧売買契約の締結
 ⑦の条件提示で合意が出来たならば、契約締結。

⑨クロージング
 契約に基づき、資産引渡・代金支払等を行なう。

⑩統合
 既存・買収ビジネスにおける『人・物・金』の融合を図る。

M&Aの手順.プロセス.流れ

株式上場実務Naviインタ ビュー