株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

損益計算書見方.読み方.pl

5つの利益

5つの利益とは

 損益計算書では、項目を区分表示することで段階的な収益力を知ることできるよう、5つの利益を算出しています。5つの利益とは、上から①売上総利益②営業利益③経常利益④税引前当期純利益⑤当期純利益になります。上に行くほど本来の営業活動で稼いだ利益に近くになり、下に行くほど実際に手元に残った利益に近くなります。

営業損益計算とは

 営業損益計算とは、『本来の営業活動で得た利益の計算』になり、会社が本来の営業でいくら利益もしくは損失を出しているかを知る目安となります。算出方法としては先ず、売上高-売上原価(製品原価・仕入高)=売上総利益を算出し、次に売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益を算出します。

 売上総利益は、所謂『粗利益』を指し、売上高から製造業であれば製品を製造するための原価を差し引き、卸売業や小売業ならば販売する商品の仕入高を差し引いた金額になります。
 営業利益は、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いた金額ですが、販売費とは営業マンや広告宣伝費・販売促進費など販売にかかる費用をいい、管理費とは財務・総務など会社を運営管理していくための費用をいいます。

経常損益計算とは

 当期純損益計算とは、『総合的な収益力で得た利益の計算』になり、通常状態での会社の収益力がどの程度あるかを知る目安となります。算出方法としては営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益になります。営業外収益・費用とは主に金融取引(利息・配当等)に係るものをいいます。金融取引は、会社本来の営業活動での損益ではありませんが、借入利息や受取配当は『営業外』といっても企業経営には欠かせないものであり、かつ毎期発生するものですので、これらを含めて会社の収益力だと言えます。

 営業外収益とは銀行の預金利息・受取配当金などで、営業外費用とは借入金の支払利息・有価証券売却損などが挙げられます。ただし営業外のなかには非反復的・非経常的なものがありますが、これらはこの後の特別損益項目となりますので注意が必要です。

当期純損益計算とは

 経常損益計算とは、『会計年度(通常1年)で得た処分可能な利益の計算』になり、当期に得た処分可能な利益すなわち最終的な利益がどの程度あるかを知ることができます。算出方法としては先ず、経常利益+特別利益-特別損失=税引前当期純利益を算出し、次に税引前当期純利益-法人税・住民税・事業税=当期純利益を算出します。

 特別損益項目とは非反復的・非経常的な取引から生じたもので、固定資産(土地・建物等)を売却した場合・火災損失・前期以前に間違った会計処理をした場合の修正などをいいます。これらを経常損益に加えてしまうと、会社の経常的な収益力が分からなくなってしまいますので区分しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1479

損益計算書見方.読み方.pl

株式上場実務Naviインタ ビュー