株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

損益計算書,見方,読み方,pl

株式公開入門Navi » ピックアップ  »  決算書の見方  »  損益計算書の見方

損益計算書の見方

損益計算書の概要

 損益計算書は決算書類のひとつで、会計事業年度(例:4月1日から翌年の3月31日まで)の期間にどのくらいの利益もしくは損失となったかを表示している表になります。また、事業年度の期間のすべての収益と費用を記載しているので、会社の収益力や取引別(本来の営業・営業外・非経常等)にどの程度の利益を獲得しているかなどもわかる資料です。

株主総会シナリオ.進め方

 損益計算書は、収益から費用を差し引くことで利益を算出しています。収益とは会社が収入として受け取るもので、代表的なものに売上高がありますが、この他にも預金の利息・株の受取配当・車を売った売却益などがあります。また、費用にしても商品仕入や従業員の給与だけでなく、借入金の支払利息・土地を売った売却損・株式の売却損などもあります。

 これらの収益や費用を一括に差し引いても同じ利益金額は算出されますが、損益計算書では一定の規則により各項目を区分し差し引くことで途中経過を明らかにし、いくつかの利益を算出することで、どのような取引で利益を出し逆に損失を出しているのかが分かるようにしています。
 その区分の仕方としては大きく分けて『営業損益計算(上図:黄色)』『経常損益計算(上図:)』『当期純損益計算(上図:)』があります。

損益計算書,見方,読み方,pl

株式上場実務Naviインタ ビュー