株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

決算書,財務3表

株式公開入門Navi » ピックアップ  »  決算書の見方  »  決算書とは

決算書とは

決算書の概要

会社の成績表

 決算書とは端的に言えば会社の『成績表』です。決算書の主なものとしてよく耳にするものに『貸借対照表』と『損益計算書』がありますが、貸借対照表は決算日等の企業の財政状態(現金・売掛金・借入金・資本金等の金額)を表したもので、損益計算書は、事業年度等の期間の企業の経営成績(売上高・経費・利益)を示したものになります。従って、貸借対照表を見ればいくら財産があり借金があるのかがわかり、損益計算書をみれば一年間での売上規模やいくら儲けたのかがわかるようになっています。

財務3表を合わせて見る

 更に近年はキャッシュ(現金)の保有額もしくは、何に使用しているか(現金の動き)などの資金に関する情報の重要性が高まり、2000年3月期から上場企業に対して『キャッシュフロー計算書』の作成が義務付けられました。キャッシュフロー計算書を見れば、資金の増加・減少原因や現金残高等を読み取ることができます。
 決算書は、この『貸借対照表(B/S)』『損益計算書(P/L)』『キャッシュフロー計算書(C/F)』がメインとなり、これらは『財務3表』と呼ばれています。

 企業の本当の姿は、財務3表のひとつだけを見ていてもつかめません。この『貸借対照表(B/S)』『損益計算書(P/L)』『キャッシュフロー計算書(C/F)』を3つ合わせて見ることで、はじめてその実体が明らかになってくるのです。

決算書,財務3表

株式上場実務Naviインタ ビュー