株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

図解入門.箇条書

箇条書(2)

文・表現

 箇条書は可能な限り短文や名詞で表現し、文字数が多く複雑な文章は避ける。そして短文なら短文・名詞なら名詞で全てを統一する。

悪い例

社内体制の整備を以下の項目に区分し詳細を説明します。
   1)現状把握
   2)各会議体の運用状況と権限の確認作業をする
   3)問題点の洗い出
   4)不足している規程を洗い出し、当該改善点を報告する

良い例

社内体制の整備を以下の項目に区分し詳細を説明します。
   1)現状把握
   2)運用状況と権限の確認
   3)問題点の洗い出
   4)不足規程洗い出し、改善報告

箇条書の項目数

 箇条書の順序に意味があるときは、1)・2)・3)又は1・2・3などを使う必要があり、順番の必要性がない場合は●や・を使用しても良い。

悪い例

業務改善には次のフローが不可欠です。
   ・Plan
   ・Do
   ・See
   ・Action

良い例

業務改善には次のフローが不可欠です。
   1)Plan
   2)Do
   3)See
   4)Action

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1561

図解入門.箇条書

株式上場実務Naviインタ ビュー