株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

2011年,上場企業数推移

株式公開入門Navi » 株式公開ニュース  »  news2011  »  上場企業数が1割減

上場企業数が1割減


 上場企業数の減少に歯止めがかからず、東京証券取引所の上場企業数では2011年9月で2,281社とピーク時の2,416社と比べて135社減り、株式市場全体では2011年8月末時点で3596社とピーク時の2007年6月と比べて約350社(約一割)も減り、7年半前の水準に戻ってしまいました。


ipo_a.jpg



 その原因としては、新規上場数が減少している一方で、親子上場の解消などを目的とした上場廃止が増えたためです。

 企業の組織再編は競争力向上につながりますが、それを埋めるだけの新規公開がないという国内市場の課題が浮き彫りになっています。

 新規上場は低迷が続きここ2年間は年間20社前後に留まり、最近のピークだった2006年の188社に比べるとその数は、一割程度にすぎない状況となっています。 今年に入っても、株価低迷で資金調達のメリットが少ないことなどが重荷になって、8月末までの上場企業数は17社に留まっています。

 一方、上場廃止は新規上場を上回るペースで増え、そのうちの6割程度が、親会社と子会社の両方が上場する状態を解消し経営効率の改善やコスト削減を狙う完全子会社化によるものです。

 MBOの増加も上場企業数が減る原因で、2011年にMBOの実施を発表した上場企業数は9月8日時点で13社と、前年の同じ期間の7社を大きく上回っています。


日本経済新聞2011年9月より

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1870

2011年,上場企業数推移

株式上場実務Naviインタ ビュー