株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

NEO市場.上場基準

NEO市場

NEO(ネオ)概要

 NEO(ネオ)とは、ジャスダック証券取引所が2007年8月に、成長可能性のある新技術又は、新たなビジネスモデルを有する企業を支援するとともに、投資者に当該企業への投資機会を提供することを目的に創設した新たな市場であり、2007年11月13日に上場第一号として㈱ユビキタスがNEO市場に上場しました。
 『NEO』は、単語直接には『新しい』『最新の』という意味を持ちますが、『New(新しい)Entrepreneurs'(起業家達の)Opportunity(機会)』または、『New(新しい)Evaluation(評価)Opportunity(機会)』の頭文字を用いた略語でもあります。

 ジャスダックは新興企業向け市場としてのイメージがありましたが、近年は東証マザーズや大証ヘラクレスに急成長企業や先端技術企業は流れ、その一方で東証1.2部と比べると上場基準がゆるいからという観点で、ジャスダックを選ぶ企業も多く、結果として、成長企業もしくは先端技術企業の割合が少なくなり、『急成長は見込めない中規模で安定した銘柄市場』というイメージとなってきました。そこでジャスダックでは、これを払拭しようと考え新市場のNEOを創設しました。

 NEOは、成長企業の支援を目的としているため、上場基準は既存市場に比べ緩和されており、『企業の継続性及び収益性』ではなく『企業の成長可能性』が重視され、申請書類についても『上場申請のための報告書(いわゆるⅡの部)』等の提出は不要とされています。
 また、既存市場からNEOへの市場変更や、NEOから既存市場への市場変更も申請により行うことができるとされています。

NEOの特徴

技術評価アドバイザリー・コミッティー

 NEOでは、成長可能性のある新技術等を有する企業の支援をその目的としているため、その上場審査に当たっては当該技術に関する評価が必要となりますので、当該技術についての説明書類の提出が求められています。上場審査においては提出された説明書類を基に技術評価アドバイザリー・コミッティーの評価が行なわれ、その評価が最大限尊重されます。

マイルストーン開示

 NEOでは既存の適時開示に加え、マイルストーン開示に関する規則が新設されました。これによりNEOの上場会社は、3年以上の期間に係る事業計画の内容及びその前提条件、マイルストーン開示を行なう時点における事業計画の進捗状況、今後の達成の見通し及びその前提条件を開示することが求められています。
 また、当該事業計画は1年毎に見直しを行い、各事業年度において常に3年以上の事業計画の開示が求められています。

NEO上場基準

【上場審査基準の概要】
株主数 上場申請に係る株式(自己株式を除く)を1単元以上有する株主の数について、上場日において300人以上(見込み)
上場時価総額 自己株式を除き、上場日において10億円以上(見込み)
純資産の額 直前事業年度末において負でないこと
監査意見等 直前事業年度に係る中間監査報告書又は四半期レビュー報告書は不要
(1)監査意見等
  1. 直前事業年度の財務諸表等に添付される監査報告書・・・ 無限定適正意見
  2. 申請事業年度に係る中間財務諸表等に添付される中間監査報告書(作成することとなる場合)・・・有用な情報を表示している旨の意見
  3. 申請事業年度に係る四半期財務諸表等に添付される四半期レビュー報告書(作成することとなる場合)・・・無限定の結論
(2)最近2事業年度及び申請事業年度において有価証券報告書等に「虚偽記載」を   行っていないこと
事業の経過年数 成長可能性のある新技術又は新たなビジネスモデルに基づく最初の売上計上から10年を経過していないこと
取締役会の設置 上場申請日から起算して1か年以前から取締役会(協同組織金融機関である場合には、これに相当する機関)を設置していること
その他 株式事務代行機関の設置、株式の譲渡制限、指定振替機関における取扱い、単元株式数
  1. 純資産の額に関し、連結財務諸表を作成している場合には連結ベースで、作成しない場合には個別ベースで判定します。
  2. 直前事業年度の次の事業年度開始後おおむね13か月経過後に有価証券届出書を提出する場合で、当該次の事業年度の業績の概要を「上場申請のための有価証券報告書」に記載する場合は、当該次の事業年度の当期純利益金額、経常利益金額及び純資産の額で判定します。
  3. 金融商品取引法における四半期報告制度の導入等に伴い、監査意見等については、直前事業年度が平成20年4月1日以後に開始する事業年度か否かにより適用される基準が異なります。
  4. 国内の他の金融商品取引所の上場銘柄やグリーンシート銘柄を除き、単元株式数が100株となる見込みであることが必要です。

2010年7月現在

 

NEOからの要請事項等

 NEO市場では,上場後に次のような要請事項があります。

  1. IR活動期間(毎年4月1日から翌年3月31日までの期間)において、少なくとも4回以上IR活動を実施
  2. IR資料を不特定多数の者が閲覧できるように、当該活動を行なった日から1年間、継続的に開設するホームページに掲載
  3. IR活動期間において、少なくとも2回以上、上場株券等の投資に関する説明会の開催に努める

2008年2月現在

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1815

NEO市場.上場基準

株式上場実務Naviインタ ビュー