株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

株式公開スケジュール

株式公開入門Navi » 株式公開入門  »  株式公開スケジュール  »  株式公開スケジュール具体例

株式公開スケジュール具体例

株式公開(上場)スケジュール具体例

 株式公開を決定したならばいったいどのような手順で進めて行くのかと言えば、一般には以下の図のような手順になります。

株式公開スケジュール

 薄緑の部分にあるように、株式公開とは3年以上前から公開準備作業を進めて株式公開となるわけで、長い準備期間を要する一大プロジェクトです。

 このように株式公開準備は長期に渡る作業であり、これを計画に則って確実に進めて行かなければなりませんが、前述したように当初の予定通りに公開までスムーズに行くことは難しく、様々な理由により途中で修正・延期が行われることも多く、その中には残念ながら『公開中止』となってしまうケースも少なくありません。

株式公開(上場)時期と初値

株式新規上場が多い月は?

 過去のデータから株式新規上場が多い月は『12月』になります。この理由として、3月決算会社が6月までに決算書を作成し上場審査などで3~6月かかるためと、「今年中になんとか上場したい」という思惑が強く働くだめではないかと考えられます。

株式新規上場が一番少ない月?

 一方、株式新規上場が一番少ない月は『1月』と『5月』になります。理由としては、年末年始とゴールデンウィークの大型連休があるためと考えられます。通常、新規上場では承認から上場まで1ヶ月程度かかりますが、その間に大型連休を挟んだ場合、更に上場までの期間が長くなり、市場環境が大きく変化するリスクが増えるため、上場直前の連休は避けられています。

 ただし上場時の初値を考えた場合、多くの企業が上場する時期に重なった場合、人気が分散してしまい、初値の上昇率は低くなりがちで、逆に他の上場企業が少ない時期ならば、投資家に注目され易くなります。

参考:【株式上場実務Navi】IPO専門家が語る[進捗度管理]

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1722

港区税理士 株式公開支援の会計事務所 - 2010年度に株式公開した会社 (2011年3月 6日 21:06)

2010年度に入ってからの新興市場に株式公開した会社(4月14日現在)をチェックしてみました。 2010/03/16 ㈱セルシード NEO 細胞シ... 続きを読む

石割会計事務所 - 事業計画作成支援会計事務所 (2011年3月10日 11:45)

事業計画は、事業成功のためのツールです。 事業を成功させるためには、勘ピューターではいけません。ビジネスを成功させるためのプランを立てなければなりません。 続きを読む

株式公開スケジュール

株式上場実務Naviインタ ビュー