株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

株式上場,スケジュール

株式公開入門Navi » 株式公開入門  »  株式公開スケジュール

株式公開スケジュール

株式公開(上場)スケジュール立案

いつ株式公開するか

 「いつ株式公開するか」は、企業業績・資金の必要な時期・人材の獲得時期等の戦略的要素と公開準備作業に必要な期間(目指す株式公開市場により公開に要する期間・作業等も異なりますので、これらを把握し自社の現状等を踏まえて公開準備に要する期間)を考慮して株式公開(上場)スケジュールを決定します。

 公開準備作業は、広範囲に渡りその作業量も多く十分な期間を確保する必要がありますが、その一方で、現代のようにスピードが求められる状況下では、公開準備に時間を掛け過ぎてしまっては株式公開のタイミングを失ってしまうこともあります。それゆえ株式公開には、用意周到な準備期間を考慮しつつも、企業業績や成長性などを考慮し、株式公開をする最適の時期を決定する必要があります。

ベストのタイミング

  企業業績からみると株式公開は、業績が上向きのタイミングで公開するのがベストとえます。株式公開時が業績のピークでその後は下がる一方では、良い株価も付かずただ公開しただけとなってしまいます。

進行具合をチェック

 株式公開スケージュールができましたら、各作業の分担・人材の配置を大まかに決め、前もって人員不足が発生しそうな箇所・予備知識として勉強しなければならない事項などを把握しておくと良いでしょう。実際に準備作業が開始されたならば、定期的にミーティングを行い進行具合をチェックし作業の遅れが生じないようこころがける事が必要です。準備作業の少しの遅れが原因で、株式公開を一年先延ばさざるを得ないこともありますので。(このスケジュール計画や管理は主幹事証券会社等からアドバスしてもらえます。)
 しかし現実として、外的・内的様々な要因から当初のスケジュール通りになかなか進まないのも事実です。

株式上場,スケジュール

株式上場実務Naviインタ ビュー