株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

ブックビルディング方式

株式公開入門Navi » 株式公開入門  »  公開価格の決定  »  ブックビルディング方式

ブックビルディング方式

ブックビルディング方式とは

 公開価格の決定方法には、ブックビルディング方式(需要積上方式)と入札方式の2通りがあります。
 平成元年4月に導入された入札方式ついては、一般投資家による入札結果にもとづき公開価格が決定されることから、価格が高くなりやすく公開後株価下落し、株式の円滑な流通に支障をきたす等の問題点が指摘されることとなり、平成9年9月にブックビルディング方式が導入されることとなりました。このどちらの方式を採用するかの選択は可能ですが、ブックビルディングが導入されて以降、入札方式を実施した銘柄は1社のみです。

ブックビルディング方式 入札方式
仮条件の範囲内で需要を聞き取り、その結果から価格を決定する
投資家による価格の提示と新規公開株の取得申込みとは別になる
証券会社の預かり資産や手数料額に応じ特定顧客を優遇して抽選、一部は条件無しで抽選し分配する
財務内容などが似た会社を参考に下限価格のみを設定して入札する
入札価格の提示が申し込みを兼ねる
高い価格から優先して落札できる

初値

 企業が新規株式公開(IPO)をする際に、市場で初めて付いた株価を『初値』といいます。証券取引所が売買の参考価格となる『気配値』を示しながら取引し、売買が成立した時の価格が初値となります。

 例えば、公開価格が30万円の場合、買い注文の株数が売り注文の株数を上回っている場合、取引所は原則10分おきに気配値を引き上げていきます。そして気配値が50万円の時点で、買い注文と売り注文の株数が一致し、売買が成立したならば、その価格(50万円)が『初値』となります。
 気配値は公開価格で始まり、その後は順次取引所が売買注文などを考慮し設定します。例えばジャスダック証券取引所では、気配値の上限を公開価格の3倍、下限を原則1/2と定めています。上場初日に初値が付かない場合は、二日目以降は前日の最終の気配値から取引が始まります。

参考:【株式上場実務Navi】IPO専門家が語る[公募価格]

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1725

株式公開ニュース - 上場後に「価値」を増やした企業 (2011年1月 6日 09:49)

新規上場市場はのここ10年間を振り返ってみると、前半はベンチャーブームから数多くの企業が新規上場し、その数も常に100社を超えていました。しかし、後半は... 続きを読む

株式公開ニュース - 2011年新規上場銘柄の暴騰率 (2011年12月28日 14:41)

今年に新規上場した36銘柄の公募価格と初値を比較したところ、20社(55%)が初値が公募価格を上回り、14社(39%)が下回りました。 続きを読む

株式公開ニュース - 2011年新規上場銘柄年末株価 (2012年1月12日 12:43)

2011年に新規上場した銘柄は、初値が公募値を上回ったのは20社、下回ったのが14社。また、2011年12月30日時点の株価と公募値を比較した場合上回った... 続きを読む

ブックビルディング方式

株式上場実務Naviインタ ビュー