株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

福証Q-Board.上場基準

福証Q-Board

福証Q-Board概要

 福証Q-Boardは、2000年に福岡証券取引所が、九州周辺(九州・沖縄・中国および四国地方)に営業の主体を有する新興企業に対して、資金調達の場を提供し地域経済の浮揚・発展に貢献するため創設された、新興企業向けの市場です。ゆえに上場の対象となる企業は、九州周辺に本店を有する企業、および九州周辺以外に本店を有する場合で、九州周辺において事業活動の実績があり、今後具体的な事業計画を有している企業に限られています。

 上場基準は、他の新興市場と比べ最も緩和されています。上場企業数としては、2008年2月現在で、10社となっています。

福証Q-Board上場基準

 Q-Boardの対象となる企業としては、新しい技術又はユニークな発想に基づき、若しくはその他の理由により、今後の成長の可能性があると認められる企業です。

【上場基準の概要】
上場株式数 上場時に500単位以上の公募増資(上場株式数は規定なし)
株式の分布状況 少数特定者持株数  -
株主数 上場時200人以上
上場時価総額 上場時の時価総額が3億円以上
事業継続年数 取締役会設置後1年以上継続して事業活動を行っていること
純資産の額(連結) 上場時正
利益の額  -
売上高 上場対象となる事業について売上高が計上されていること
虚偽記載又は
不適正意見等
  1. 「上場のための有価証券報告書」に添付される監査報告書(最近1年間除く)の監査意見が「無限定適正」又は「除外事項を付した限定付適正」
  2. 同報告書の最近1年間の監査意見が「無限定適正」
  3. 上記期間「虚偽記載」なし
株式事務代行
機関の設置
福証の承認する株式事務代行機関に委託していること
株券の様式 福証の定める様式に適合していること
株式の譲渡制限 株式の譲渡につき制限がないこと
振替機関における取扱い 指定保管振替機関に対する同意を行っていること

2010年7月現在

 

最新の情報は[福岡証券取引所]

Q-Boardからの要請事項等

 福証Q-Boardでは,上場後に次のような要請事項があります。

第1四半期・第3四半期の財務、業績の開示
上場後3年間において年2回以上、投資家向けの企業説明会の開催

2008年2月現在

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1223

福証Q-Board.上場基準

株式上場実務Naviインタ ビュー