株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

中期計画.戦略

株式公開入門Navi » 株式公開入門  »  予算統制  »  事業計画  »  中期計画

中期計画

中期計画策定手順具体例

 中期計画を作成するためにまず自社の策定基準を決める必要があります。基準にはいろいろありますが、1つの例を以下に挙げてみます。

中期計画.戦略

① 担当部門・種類の決定

A.担当部門・人員 ・・・○○部  部長以下△名

B.種類・・・例) 当社の計画は3年間を通じて策定する中期経営計画、1年を単位とする年度計画(年度予算)により構成される。

② 社長は、経済情勢・業界の動向等を勘案して中期経営方針を『中期経営基本方針』に、3年後の大まかな利益計画を『事業別中期利益計画』に従って立案する。

③ 各事業部長、社長の『中期経営基本方針』・『事業別中期利益計画』に基づき、中期重点戦略(本部・事業部分)を『中期事業基本方針』を立案する。

④ 予算編成部は、『中期経営基本方針』・『事業別中期利益計画』と各事業部・本社で作成された『中期事業基本方針』案を調整し、中期経営計画書を作成する。

⑤ ④を、経営会議で審議・決定する。

⑥ 経営会議で決定した内容を各部へ通知する。

⑦ 年度計画作成へ移る。

中期計画見直し

 中期計画の見直し方法としては、経営環境の変化に応じて毎期計画を見直す『ローリング方式』と、途中で見直すことをしない『フィックス方式』の二つがあります。ローリングは毎期計画を見直すことで、その初年度を年度計画とし中期計画と年度計画の連携により計画達成を目指します。
 外部環境変化の激しい近年では、その変化に素早く対応するため、ローリング方式が一般的に採用されています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1270

中期計画.戦略

株式上場実務Naviインタ ビュー