株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

利益計画.数値化

株式公開入門Navi » 株式公開入門  »  予算統制  »  事業計画  »  利益計画

利益計画

中期・年度利益計画作成方法 具体的例

利益計画作成フロー

利益計画.数値化

利益計画作成手順

①経営陣主導で3年後(中期計画)の売上高・経常利益を等決め、それに基づいて1.2年後の売上高・経常利益等を決める。→使用書類(下図①-a)

② ①の中期計画の来年度予算に基づいて、現場サイド主導で各セグメントの来年度予算を作成し、その後経営陣と調整を図る。→使用書類(下図②-b)

③ 各セグメントの責任者は②の来年度予算に基づき、各セグメント毎に月次予算を作成する。→使用書類(下図③-c)

利益計画作成使用書類

利益計画.数値化

①-a・・・中期(1.2.3年後)計画をおおまかに各年度毎に記入

 

利益計画.数値化

②-b 年度計画をセグメント毎に記入

 

利益計画.数値化

③-c 各セグメント毎に、月々に分けで計画を記入

利益計画の設定

 利益計画は100社あれば100通りあり、その基準や形態は様々です。主な相違点としては以下の項目が挙げられます。

セグメントによる利益管理区分(事業別・商品別・地域別・部門別等)の分け方 ※
費用予算はどの費目まで作成するか(一括表示する費目はあるか)
作成数値単位と端数の処理方法(円・千円・百万等)
共通経費や本社経費の分配方法 等

 ※ 利益計画はセグメント別の積み上げによって作成されますので、セグメントは策定の前提となる条件であり、このほかにも会計システムの設定や上場申請書類(Ⅰ.Ⅱの部)にはセグメント別の開示を求める項目もありますので、公開準備の早い段階での確定が必要になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1272

利益計画.数値化

株式上場実務Naviインタ ビュー