株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

内部監査フロー.手順

株式公開入門Navi » 株式公開入門  »  内部監査制度  »  個別内部監査  »  内部監査フロー

内部監査フロー

実施フロー(手順)例

①内部監査計画書作成
 年度計画または社長指示等により『内部監査計画書』を作成する。
 
②被監査部門に監査通知
 監査対象部署に対し『監査通知書』により通知を行い、関係者の同席確認、必要書類・データの準備を促す。
③監査実施
 通知部署に対し、規程及びマニュアル等に基づき『実施』。
 
④監査報告書により社長に報告
 結果を『監査報告書』にまとめ社長に報告する。
 
⑤被監査部門への結果通知(改善指導がある場合は改善指示書添付)
 監査を行なった部署に対し結果を報告を行い、改善点がある場合は『改善指示書』により改善を促す。
⑥改善指示書がある場合には被監査部門から回答書の提出
 改善指示書により改善を指摘した場合は、『改善指示回答提出』を求める。
 
⑦改善実施状況のチェック
 時間を置き問題点につき改善がなされているかをチェックし、結果を『改善状況報告書』にまとめ社長に報告する。

人材・専門知識不足の課題

 現実的に中・小規模の企業における内部監査部門では、各業務のエキスパートを揃えることは難しく、人員不足や専門知識不足の問題がどうしても出てきます。これらをカバーするために、監査対象の内容に応じて、他部門から専門知識を持つ人材の応援を得て、監査チームの編成を行なうことも効果的な方法です。

 しかし、この場合には以下の点の注意が必要です。

チームリーダーシップは、内部監査部門がとる
監査の目的・必要性・目標などを、事前の打ち合わせで理解させる
専門的・技術的な項目にとらわれ過ぎないようにする
監査終了後、解散した後の改善実施状況チェックなどの体制確認

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1280

内部監査フロー.手順

株式上場実務Naviインタ ビュー