株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

内部監査報告書

株式公開入門Navi » 株式公開入門  »  内部監査制度  »  個別内部監査  »  改善状況報告書

改善状況報告書

改善状況の確認(フォローアップ)

 内部監査担当は、監査を行い改善点を指摘し被監査部門がそれに対し改善を行い、そして最後の仕上げが改善状況チェック(ファローアップ)です。『改善指示回答書』を受け取ってから数ヶ月後に再度監査を行います。

監査内容

 改善済みのもの
 結果確認および再発の有無

 改善予定
 予定・進捗度の確認、および改善状況の確認

 

 記の再監査結果を『改善状況報告書』に記載し、不足および新たな改善点等が見つかった場合は、業務に対する影響度合を加味し早急な改善または来期への持ち越し事項かも記載します。

改善状況の確認方法と時期

項 目 内 容 合 計 割 合
改善状況の確認方法 実際に現場視察 180社 18.8%
書面 367社 38.2%
実際と書面 412社 43.0%
確認時期 次回の監査時に 257社 26.9%
一定期間後内部監査で 308社 32.3%
必要に応じ 194社 20.3%
一定期間後書面で 300社 31.4%

※資料:2003年『監査白書』

改善状況報告書具体例

内部監査報告書

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1287

内部監査報告書

株式上場実務Naviインタ ビュー