株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

株式公開,会計

企業会計

企業会計の分類

会計の分類図

会社法.金融商品取引法.税務

(A)を企業における会計『企業会計』とします。この企業会計は右に書かれているように、細かく分類することができそれぞれの会計を説明すると以下の通りになります。

財務会計と管理会計

先ず、(A)は(B)財務会計と(C)管理会計に区分されます。

(B)財務会計・・・財務会計とは、イメージ的には外部に対する会計で、株主・債権者・税務署・銀行等の外部利害関係者に対する会計情報の提供を目的とした会計です。これは皆さんが、会計と聞いて一般的に思い浮かぶ損益計算書・貸借対照表などから成る決算書(財務諸表)です。

(C)管理会計・・・管理会計とは、イメージ的には会社内部の会計で、経営者・内部管理者等の内部利害関係者に対する会計情報の提供を目的とした会計です。
 管理会計は法令法規で求められているものではありませんので、会社が自主的に行なうものになります。財務会計が過去の情報を主に扱うのに対して、管理会計は会社の業績を伸ばして行くためのもので、社内の管理・意思決定を目的とした会社個々で必要に応じ作成されるものです。

財務会計 管理会計
大別 外部報告会計 内部報告会計
目的 企業の純資産及び損益を正確に測定し、外部の利害関係者に対して経営成績及び財政状態を報告する会計 企業の経営者、各層の管理者に対し、経営管理に有用な会計情報を提供する会計
報告対象
投資家・株主
債権者
経営者
各層の管理者
作成頻度 1年・半期・四半期 1年・月次・週次・日次など

株式公開,会計

株式上場実務Naviインタ ビュー