株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

株主総会招集通知

招集通知記載事項

招集通知の記載事項

発信日

 招集通知には、通常発信する日の日付を記載します。

臨時株主総会

 多数の株主に出す関係で、宛名は『株主の皆様へ』または『株主各位』とします

招集者

 招集通知の招集者の記載は『代表取締役社長 ○○ ○○』というように、招集者が代表権を持っていることを明示すべきです。総会の招集は『取締役会の決定に基づいて代表取締役がこれを執行する』のがルールだからです。

決議事項

 決議事項については、議題だけでなく議題の基本的な内容まで記載すべきです。例えば、『取締役選任の件』といった議題については『取締役三名選任の件』として員数まで書くべきです。
 どこまで記載すべきかは、どこまで書けば株主への事前通知として足りるかという観点と、あまり詳細に書き過ぎると後で必要が生じたときに変更できなくなるリスク対策の観点との二点から考えます。

招集通知例

株主総会.招集通知

誤記・記載事項の欠落

 どんなにチェックしても、招集通知を発送した後にミスが発見される場合もあります。軽微なミスであれば、総会当日に議長または事務局から口頭で訂正すればよいのですが、問題は事前の準備と余裕を与えるという招集通知の目的からして、通知し直さなければならないようなミスがあった場合です。
 軽微なミスなら株主の判断に影響を与えるとはいませんが、議案の基本的部分にミスがあったということになると問題で、招集手続きをやり直す必要も出てきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1405

株主総会招集通知

株式上場実務Naviインタ ビュー