株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

株主総会,準備,問答

株式公開入門Navi » クローズアップ  »  株主総会の運営  »  その他のポイント

その他のポイント

株主総会の開催ポイント

 株主総会に関する解説や注意点以外のポイントを、『株主総会開催前』・『株主総会開催中』・『株主総会開催後』に区分して補足します。

まめ知識

株主名簿

 株主名簿とは会社法上、株主の指名(または名称)・住所・持株数などの事項を記載または、記録するため、株式会社に作成が義務付けられている帳簿をいいます。
 会社が日々刻々と変化している株主を把握し、現在の株主は誰であるかを知ることは困難です。そこで、会社法では、変動する多数の株主を把握するために株主名簿を作成しています。
 また、株主としても株主名簿上に株主として記載されれば、権利行使のたびごとに自分が株主であることをいちいち証明しなくても、会社から株主として扱ってもらえることになりますので便利です。

株主名簿管理人

 会社は、株主名簿管理人を置く旨を定款で定めて、株主名簿の事務を株主名簿管理人に委託することができます。このように株主名簿管理人とは、会社に代わって株主名簿の作成および備置きその他の株主名簿に関する事務を行なう者をいいます。

備置きおよび閲覧等

 会社は、株主名簿をその本店に備え置かなければなりません。また、株主および債権者は、会社の営業時間内は、理由を明らかにしたうえで、いつでも、株主名簿の閲覧または謄写の請求をすることができます。

閲覧・謄写請求の拒否

 会社法では、株主や債権者から株主名簿の閲覧や謄写請求に対して、会社がその請求を拒絶することができる場合として次の事由を定めています。(会社法125③)

株主または債権者(以下 『請求者』)がその権利の確保または行使に関する調査以外の目的で請求を行なったとき
請求者が該当株式会社の業務の遂行を妨げ、又は株主の共同の利益を害する目的で請求を行なったとき
請求者が該当株主会社の業務と実質的に競争関係にある事業を営み、又はこれに従事するものであるとき
請求者が、株主名簿の閲覧又は謄写によって知り得た事実を利益を得て第三者に通報するため請求を行なったとき
請求者が過去二年以内において、株主名簿の閲覧又は謄写によって知り得た事実を利益を得て第三者に通報したことがあるものであるとき

株主総会,準備,問答

株式上場実務Naviインタ ビュー