株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

フローチャートの描き方

株式公開入門Navi » クローズアップ  »  業務フローチャート  »  フローチャート書き方(2)

フローチャート書き方(2)

産能大式ルール

Step4

フローチャートの描き方

(G) 2以上の書類を分ける場合の流れ線は、斜め線を用いる。また書類を運ぶ場合は、書類を運ぶ側にP記号を記入する。
(H) コピーにより複数枚書類ができる場合には、『A~』を各書類に付ける方法の他に、枚数が数十枚になるケースは横にその枚数を記入する方法もある。

Step5

フローチャートの描き方

(I) 組織区分線内は当該部署が行う作業のみ記入するが、便宜的に段差を設けることで他部署作業を記入することができる。この場合に設けた段差は元に戻す必要がある。
(J) この場合の関連線(点線)は、作業記号で結ぶのではなく上の図形の中央で結ぶ。

Step6

フローチャートの描き方

(K) 二つ以上の部課に書類を分ける。
(L) 二つ以上の書類を集める。
(M) △△帳票を基に、○○帳票に記入する。何を記入するかを必要に応じ注記する。(分類や取り出し等も同様)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1461

フローチャートの描き方

株式上場実務Naviインタ ビュー