株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

電子開示システム.EDINET

電子開示システム

電子開示システム(EDINET)とは

 電子開示システム(EDINET:Electronic Disclosure for Investore' Network)とは、金融商品取引法で法定されたシステム(開示用電子情報処理組織)で、内閣府の使用するコンピューターと電子開示を行う者、証券取引所、日本証券業協会のそれぞれをオンラインで結んだものをいいます。

 このEDINETを使用することにより、提出会社・行政当局・投資家の三者は、従前の紙媒体に比べて、次のようなメリットを享受することができるといわれています。

提出会社における事務負担の軽減
当局における受理、審査、保管、縦覧の事務の効率化
投資家による企業情報への迅速かつ公平なアクセスの実現

 また、電子開示手続による開示書類は全て、EDINETを通じて行うことが義務化付けられており、主に次のような書類の開示が必要となっています。

有価証券届出書及び訂正報告書
発行登録書、発行登録追補書類
有価証券報告書、有価証券報告書の記載内容に係わる確認書、内部統制報告書、四半期報告書、半期報告書、臨時報告書
親会社等状況報告書
自己株券買付状況報告書
公開買付届出書、公開買付報告書、意見表明報告書
大量保有報告書、変更報告書

電子開示(EDINET)システム:[EDINET]

公衆縦覧の方法

公衆縦覧場所

関東財務局および提出会社の本店の所在地を管轄する財務(支)局
提出会社の本店および主要な支店
金融商品取引所(証券取引所)または許可金融商品取引業協会(日本証券業協会)

公衆縦覧方法

 電子開示(EDINET)システムの『縦覧サブシステム』を通じて、各財務()局に置かれた縦覧用パーソナルコンピュタ端末モニター画面上において、届出・受理サブシステムにより、提供された開示書類を公衆の縦覧に供しています。
 また、専用回線で接続された金融商品取引所(証券取引所)および許可金融商品取引業協会(日本証券業協会)においても、それぞれに設置されているコンピュータ端末のモニター画面上で公衆の縦覧に供されます。

公衆縦覧方法

 提出会社においても、電子開示(EDINET)システムを使用して提出された開示書類を、提出会社の本店および主要な支店において、パソコンの映像面に表示して公衆の縦覧に供します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/1365

電子開示システム.EDINET

株式上場実務Naviインタ ビュー