株式公開を目指す企業に株式公開準備作業の概要・最新情報等を提供支援するサイトです。

取締役,執行役員

取締役の種類

さまざまな取締役

 『取締役』と一言で言っても、代表・専務・常務・平・社外・取締役があり、また執行役・執行役員というものもあります。これらは、それぞれ責任・義務・選任方法、更には税務上の取り扱いなどが異なっています。

まめ知識

 最近、アルファベットでの役職名をよく見かけるようになりましたが、これらの意味は以下の通りです。

CEO(Chief Exective Officer)

 『最高経営責任者』を指し、経営方針や経営戦略など、会社の業務執行における最も重要な判断を行ないます。日本では、社長や代表取締役よりも、委員会設置会社の代表執行役が近い存在だと言えます。

COO(Chief Operating Officer)

 『最高執行責任者』を指し、CEOの決定を執行する役職で、日常業務を取り仕切ります。会社のナンバー2で、日本では、業務担当取締役や常務取締役が近い存在だと言えます。

CFO(Chief Financial Officer)

 『最高財務責任者』を指し、資金繰りの責任者で、業績の予測や資金調達などの際に活躍します。社内での地位は高く、一部の日本企業では副社長が任務にあたる例がみられます。

CIO(Chief Information Officer)

 『最高情報責任者』を指し、情報システムやセキュリティー関連の責任者です。内部統制システム構築における『ITへの対応』について、重要な役割が期待されます。



 その他に、『CMO(Chief Marketing Officer)』最高営業責任者、『CTO(Chief Technology Officer)』最高技術責任者、などがあります。

取締役,執行役員

株式上場実務Naviインタ ビュー